HOMEケーススタディ移転マネジメント業務

移転マネジメント業務

お客様のご要望オフィスづくりの専門家に、移転に関する全ての業務をまかせたい

背景と課題

  • 経営戦略方針から現オフィスでおこなっていた業務を外部委託することになり、今後オフィススペースが余剰になる。
  • 本社オフィスの役割がかわり、現オフィスの立地である必要がなくなるため、立地を含めての検討が必要である。

ご要望

  • 限られた総務部メンバーの中で各種調整を行いながら、オフィス探し・オフィス構築を行わねばならないため、
    オフィスづくりの専門家に移転に関する全ての業務をまかせたい。
  • オフィス物件設定において、選定理由など経営側へ説明資料などのサポートが必要。

対応内容

物件選定からオフィスづくり・移転まで一貫して対応するプロジェクトマネジメント業務を提案しました。
1. 現状把握・分析
  • 現状使用面積の算出
  • 部署ごとの1人当たりの使用面積(坪数)の算出
  • 会議室、倉庫など現オフィスの機能エリアの整理
2. 移転先条件の整理
  • オフィス移転先ロケーションの設定
  • 1人あたりの使用面積(坪数)設定から移転先総面積の設定
  • ITシステム関連など電気・設備要件の洗い出し・整理
  • 目標賃料の設定
3. 物件選定
  • 移転先条件から物件情報収集・物件情報上での絞り込み
  • 内見による候補物件の絞り込み、レポート作成・評価書の作成
  • ビル側との入居条件交渉・契約締結
4. オフィス設計
  • オフィス設計の与件整理
    (プログラミング)
  • 基本設計
  • 実施設計
5. 調達管理
  • 工事概算費用作成
  • B工事費用査定、コスト折衝
  • C工事見積もり合わせ仕様書作成、
    入札サポート
  • 入居工事コスト進捗管理
6. 工事監理
  • 工事スケジュール作成
  • B工事・C工事会社間との工事調整・
    工程調整
7. 移転監理
  • 移転スケジュールの作成
  • 移転業者との調整
  • 引越し関連業務の支援
    (移転説明会など)
8. アフターメンテナンス
  • オフィス利用マニュアル作成支援

効果(お客様の声)

  • 物件選定からオフィス移転まで一連の業務をプロジェクトマネジャーに任せることによって、
    本業についての総務業務に注力できた。
  • 物件選定において定量的な評価手法により、関係者に対して公平であり、最適なオフィスビル選定をおこなうことができた。
  • 入居契約から設計・工事段階まで、オフィスづくりの専門家であるプロジェクトマネジャーが、
    専門家の視点での助言により、コストパフォーマンスのあるオフィスづくりができた。
その他の移転・レイアウトのサービス
  • f-plan-menu-img-office
  • f-plan-menu-img-investigation
  • f-plan-menu-img-management
  • f-plan-menu-img-estate
  • f-plan-menu-img-programming