HOMEケーススタディ現状調査と物品リスト作成

現状調査と物品リスト作成

お客様のご要望オフィス統合のために、物品の転用計画を立てたい

背景と課題

・各支店の最新レイアウト図面と使用什器のリストがないため、新店舗で使用する既存什器と新規什器の選定が出来ない。

・各支店の現状什器数が把握出来てないため、物品購入に無駄が発生してしまう可能性がある。

・各支店の最低限必要な面積を把握していないため、新店舗計画で無駄なスペースが発生する可能性がある。

ご要望

・本店で各支店のレイアウトと什器リストを管理し、支店統合に必要な什器を精査したい。

・本店で現状什器数とメーカーを管理し、支店の什器の統一化を図りたい。

・支店統合の機会に、無駄なスーペースを整理したい。

対応内容

最新現状のレイアウト・什器・スペースの調査とデータ化、詳細な什器・写真リストの作成を提案しました。

  • 現地で実測した情報の図面化
  • 現地で調査した什器情報を支店ごと・部屋ごとにリスト化
  • 現地での撮影した写真を支店ごと、部屋ごとに整理・リスト化
  • 図面・リスト・写真を同ナンバリングで紐付
  • 各支店の現状使用面積と収納量の算出
  • 各支店の1人当たりの使用平米数の算出
  • 各支店でのその他の問題などのヒヤリング

効果(お客様の声)

  • 更新されていなかった最新現状図面と什器リストをデータ化し、各支店の現状把握が可能となった。
  • 各支店のレイアウトが判別可能となり、支店での特色が判断できるようになった。
  • 最新現状図面や個別什器リスト・写真により、必要なスペースと什器の検討ができるようになったため、
    統合の新店舗レイアウト計画・自社ビルの売却・賃料の削減が可能となった。
  • 什器ナンバリングされた現状図データを利用した新店舗のレイアウト作成した事により、
    統合後の最新図面と什器リストの管理が 容易となった。

 

その他の移転・レイアウトのサービス
  • f-plan-menu-img-investigation