HOMEケーススタディ図面データの運用維持管理

図面データの運用維持管理

お客様のご要望本社で図面を管理し、支店のオフィス環境の統一化を図りたい

背景と課題

  • 本社で図面管理していないため、各支店の状況が把握できずオフィス環境が統一されていない。
  • 物品購入は支店に任せてるため、スケールメリットが出ず割り高になってしまっている。
  • 支店によって無駄なスペースを使用しているフロアがあるので、賃料等がかさんでしまっている。

 

ご要望

  • 本社で図面を管理し、支店のオフィス環境の統一化を図りたい。
  • 統一化を図ることにより、一括購入で物品のコスト高を抑えたい。
  • 支店間で比較を行い、無駄なスペースを整理したい。

対応内容

  • 現地調査・ヒアリング
    ・各支店の竣工図を取得
    ・竣工図を基にした建屋の実測と家具・機器等も調査
    ・業種特有の什器情報の取得・調査
    ・現地の写真撮影(状況確認)
    ・入居ビルの方位調査
    ・その他ヒヤリング
  • 実測した情報の図面化・リスト化
  • 現状写真の整理
  • 評価項目・手法の決定
  • メンテナンス手法・体制の決定

 

効果(お客様の声)

  • 紙でしかなかったレイアウトをデータ化し、全体の把握と比較が可能となった。
  • レイアウト図や現地の写真により支店の占有状況が判別でき、業務と営業の統一化など検討できるようになり、
    自社ビルの売却・賃料の削減が可能となった。
  • 本社が把握していない貸倉庫などの情報などが確認できた。
  • 図面を作成することによりレイアウト変更等が円滑となり、作業日数の削減や発注の統一化ができた。
  • メンテナンス体制が確立したことにより、常に最新の情報を把握することができるようになり
    レイアウトのシミュレーションが明解かつ円滑にできるようになった。
その他の移転・レイアウトのサービス
  • f-plan-menu-img-investigation
  • f-plan-menu-img-map